昨日より今日、今日より明日、
できることがひとつでも多く増えるように・・・

リハビリ病院並みのリハビリメニューを提供。
医療・介護・リハビリスタッフがチームを組んで多方面から自立に向けたリハビリを行います。

「外食に行きたい」「身の回りのことを自分でしたい」など、ひとつひとつ目標をクリアして、できることを増やしていくサポートを行います。

らいおんハートのリハビリ特徴

自立を目的としたリハビリ

理学療法士などの機能訓練士が利用者様の状態に合わせて、痛みの原因筋をほぐす手技療法、運動療法、機能訓練と多方面からアプローチ。利用者様の自立に向けて、身体の機能回復・維持・向上を目指していきます。

言語・摂食障害のリハビリ

日本では数少ない言語・摂食障害に特化したリハビリサービスを提供。言語聴覚士がグループの各施設や関係機関と連携して、言語・摂食嚥下障害の方のリハビリを包括的にサポートします。

最先端のリハビリ技術を導入

脳卒中などの難病リハビリに「ロボットスーツHAL」と「ReoGo-J」を使用したロボットリハビリや、神経回路を再建・強化を図る「川平法」など、最新のリハビリ技術を取り入れています。